ビジネス

繁盛するお店と衰退するお店の差とは…

 

こんにちは、大石です。

 

国内、海外問わず、色々なレストラン行ってみると

改めてレストランって面白いなと思ってしまいます。

 

なぜかというと

運気が上がるお店と下がるお店があるからです。

 

上がるお店はどんどん上がっていき、

下がるお店はどんどん下がっていきます。

 

例えば、日本料理のお店だと

仕入れが命になってきます。

 

ずっと気が上がっていないと

お客様が来ない→いい仕入れができない→そうするとお客様が来ない

というマイナスのスパイラルに陥ってしまうのです。

 

レストラン経営するとしたら、

成長していくか衰退していくか

繁盛するか閉店に追い込まれるか

といったように、プラスかマイナスのどちらかしかないと

理解していないと難しいと思います。

 

では繁盛店を作っていくとした場合、

何が大切かといえば、

どれだけお店を元気にしていくのかという意識

です。

 

まずはステップとして、

自分が元気になって→従業員が元気になって→お客様が元気になっていく

ようなことを考えていけば、いいアイデアが湧いてくると思います。

 

そして、

気をあげていくには

お客様がお店に来てどう感じてもらいたいのか

という心遣い、気持ちが必要です。

 

この気持ちがあれば、お客様は喜んでくれます。

 

例えば、

最初はお金のかからないことからでいいので、

お客様がこのお店いいな〜と思ってくれるような、ちょっとしたサービスをしていくことを

従業員全員が意識すれば変わってきます。

 

レストランだと

美味しいから行くっていうのはもちろんですが

元気がもらえたり、楽しいから行くということもあります。

 

料理が美味しくて、元気がもらえて、行ったら楽しい、

素敵なお店作りをすれば必ず繁盛します。

 

まずは、

自分たちの気を上げることが大切です。

これは、どの業界でも同じですよね。

 

例えば、アパレルのお店に入って、接客してもらう方が元気なくて、無愛想な態度されたら

もうこのお店や会社は応援したくない、関わりたくないと思いますよね。

 

余談ですが、

私もドイツのフランクフルトのとあるお店で、

日本では考えられような衝撃の悪い接客されてしまい、

そのお店は絶対行かないし、ドイツの国自体を少し嫌になってしまいましたから。笑

 

今日はこの辺りで。

いつも読んで頂き、有難うございます。

 

大石

 

■■LINE@の登録募集中です。■■

良ければ、お友達申請お願い致します(^^♪

スマホからはこちらをクリック

 

関連記事

  1. 激変のときこそ、本質を学ぶこと
  2. モチベーションを維持するってどういうこと?
  3. あなただけのオリジナルの存在になる方法
  4. ビジネスマスターになるために必要なこと
  5. 儲からない人の特徴

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

幸せで豊かになる考え方

お金

人間関係・パートナーシップ

PAGE TOP