幸せで豊かになる考え方

「どうせ私なんて」を乗り越える

 

こんにちは、大石です。

 

大好きなことをやっていこうとしていくときに、

自分は大したことないという思い込み

が邪魔をしてきます。

 

では、どうやってこの思い込みを

突破していけばいいかについてお伝えします。

スポンサードリンク

例えば、

セミナー講師になりたいと思っても、上手く人前で話せない、

アナウンサーなろうとしても、きれいな声じゃないし、すぐ噛んじゃう、

作家になろうとしても、文章を書く才能がない、

とか、どうせ自分なんてダメだっていう風に、思うことはあったります。

 

これは、どんな一流の人たちもこのように思っています。

 

逆にいうと、

そうならないような人は、

二流、三流で止まったりします。

 

「俺、凄い」

とか

「私、イケてる」

という人は、全然イケてない場合が多いです。

 

一流のスポーツ選手でも、

どうやったら自分はもっと上手くいくんだろうと、

絶えず、練習したり、工夫したりするから上手くいくわけです。

 

一流の料理人やパティシエの人たちも、みんなそうです。

これで最高な料理だと思って、手を抜いてる人は全然ダメですよね。

どうやったらもっと美味しく作れるんだろうと、

研究に研究を重ねている人は、一流になっていきます。

 

でも、一流になろうと思えば思うほど、

どうせ自分なんかダメなんだ、と思ってしまうんです。

 

なぜかというと、

見ている世界が高いからです。

 

だから、その分だけ自分が低く感じるんです。

 

そういった意味で、

例えば、9点取ってる人がいたとします。

10点満点だったら

「私、10点満点中9点だから凄い」と思うかもしれません。

 

でも、これが100点満点だったら、

私、まだ9点か・・・となるわけです。

 

自分がダメなんだと感じたところからスタートできる人

それで止まってしまう人のその差は大きいです。

 

私も、どうせ自分なんて

と思うことはしょっちゅうあります。

 

しかし、「どうせ自分なんて」を

あまりにも感じすぎると、今の幸せを逃すってこともあります。

 

だから、一番理想なのは、

今の自分は100%素晴らしい、

でもここから成長する自分は、もっと素晴らしいって感覚が

一番バランスが良くて、成長できて幸せかと思います。

 

今日はこの辺りで。

いつも読んで頂き、有難うございます。

 

大石

 

■■LINE@の登録募集中です。■■

良ければ、お友達申請お願い致します(^^♪

スマホからはこちらをクリック

LINE ID ⇒ @ykz0163z(@も含めてID検索して下さい)

 

■■コンサルティング、講演会、極秘情報■■

※現在クライアント数が定員を超えているため、一般募集を中止しています。

枠が空き次第、優先してご案内しますので興味ある方は、

こちらから事前登録してください。

 

関連記事

  1. どのようにしてよりエネルギーを持つのか?
  2. 悩みが出たら答えも出ている
  3. 運のない人ほど「保証」を求める
  4. フロー状態からゾーン状態へ
  5. 激変のときこそ、本質を学ぶこと
  6. 自分の胸に手を当てれば、その原因は分かるはず
  7. 人生うまくいかない人は覚悟が足りない
  8. 長所を活かす5つのポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

幸せで豊かになる考え方

お金

人間関係・パートナーシップ

PAGE TOP