人間関係・パートナーシップ

パートナーにお願い上手になる極意

 

こんにちは、大石です。

 

最近、LINE@の読者から

パートナーシップに関しての

問い合わせが多数ありました。

 

ある女性の方は、

今、付き合ってる彼に対して

本当はこうしてほしいなと思っていながら、

なかなか想いを伝えれないようです。

 

自分が何かをしてもらいたいということが

言えない方は、多いかもしれません。

 

そう思ってる方に伝えたいのは、

パートナーシップは、

自由に与えて、自由に受け取ることの練習

であるということです。

 

パートナーほど、

やってあげて、やってもらう関係と

いうのは、なかなかないです。

 

パートナーシップを持てない人の多くは、

ここで何かしらのブロックがあるので、

なかなかパートナーシップがうまく持てないです。

 

では、どうしたらいいかというと、

まず、練習だと思って、思い切って

パートナーにお願いしてやってみることです。

 

パートナーに

「何かやって欲しいことない?」

とお互い一つずつ、聞き合ってやっていく

ゲームのようにしていくこともおすすめです。

 

積極的に言い合うことは、

お互いの距離感を近づけるいい方法です。

 

ここで、素直な気持ちを伝えていくと、

伝えたときに、自分の気持ちがうまく伝わらず、

逆に相手にプレッシャーを掛けてしまい、

自分がわがまま言ってるんじゃないかと

思う方はいるかもしれませんが、

まず、第一歩として伝えてみてください。

 

なぜかというと、

お互いに伝え合わないとわからないからです。

 

ほとんどのカップルが

こういうことをして欲しかった

ということを言い合わないです。

 

例えば、

あるカップルは、家に帰ってきて

奥さんが

「本当はおかえりと言ったあとに、

抱きしめてほしい」と、

初めて旦那さんに伝えました。

 

そうすると、旦那さんは

「そんなことして欲しかったの?

僕が帰ってきたら目も合わせないじゃないか?」

と言って、結婚数十年経って、お互いに

ようやく理解しあったのです。

 

 

そして、旦那さんは、

それ以来、家に帰ってくると

「ただいま、愛してるよ」

と言ってハグする仲になって、

今では、ラブラブな状態になっています。

 

ここに、日本人は必ず照れが出ますが、

だから、交換ゲームにすればいいと思います。

 

一つお願いするから、

私も一つ何かしてあげるという関係に

なるといい感じですね。

 

相手に対して

照れや遠慮はあって当然だと思って、

最初の壁を崩してみるとパートナーシップに

変化が出てきます。

 

 

今日はこの辺りで。

いつも読んで頂き、有難うございます。

 

大石

 

■■LINE@の登録募集中です。■■

良ければ、お友達申請お願い致します(^^♪

スマホからはこちらをクリック

 

 

関連記事

  1. あなたには見えていない応援団がいる
  2. タダより高いものはない
  3. 人から応援される生き方とは…
  4. 感動すると●●が動く
  5. 長所を活かす5つのポイント
  6. 他人の目が気になるあなたへ
  7. 悩みが出たら答えも出ている
  8. 今の自分の意識が未来を決めている

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

幸せで豊かになる考え方

お金

人間関係・パートナーシップ

PAGE TOP