幸せで豊かになる考え方

あることを減らすと幸せになれる方法

 

こんにちは、大石です。

 

今回は、

「選択肢が増えることで、人間は不幸になる」

といった選択のパラドックスについて、お伝えします。

 

ほとんどの方が、

選択肢が増えることで、自由が増えて

幸せになれる感覚を持ってるかと思います。

これは昔、私も持っていました。

 

しかし、実は、

人間は選択肢が増えると不幸になる

ことが、わかっています。

スポンサードリンク

 

どういうことか説明していきますね。

選択肢が増えるとどうなるかというと、

まず、迷って、思い悩む時間が増えます。

 

更に、迷って、思い悩んで一つ選んだら

選ばなかった選択肢をどこかで後悔します。

 

そうすると、悩んでる時間が

選択肢が多ければ多いほど、

選ぶまでに悩んでしまい、長くなっていきます。

 

なので、

選択肢が多ければ多いほど、

人間に不幸をもたらします。

 

では、どうすればいいか?というと、

選択肢の基準を持つこと

です。

 

もっと具体的に言うと、

選択肢を瞬時に3〜5択以下に絞れるくらいの

自分の中での基準を作ること

です。

 

これは、実際の現場に応じてやっていく必要があるので、

ここですべての選択基準を話していくのは難しいですが、

私がやってることを一つご紹介します。

 

例えば、

イタリアンレストラン行った際に、

「前菜が3種類、パスタが5種る

ご自由に選んでください」

という場合は、選びやすいかと思います。

 

ところが

パスタ専門店に行って

パスタが数十種類あるところから

選ぼうとしたら、すぐに選べなくなります。

 

なぜかというと、

人間は選択肢が3〜5択が適正で

これを越えてしまうと選べなくなり、

選ぶのにストレスを抱えてしまうのです。

 

じゃどうすればいいかというと、

瞬時に3〜5択くらいに絞れる選択基準を

一つ一つ作っていくことです。

 

もちろん全部頭の中に入れておくのは大変なので、

自分でルールを決めたら

ノートや手帳に書いておくことがおすすめです。

 

例えば、私でいうと

今まで食べたことがないメニューを必ず注文する

直感で一番ピンときたものを選ぶ

というルールを決めてます。

 

そうすると、

ほぼ自動的にメニューから絞れて、選べるわけです。

 

悩む時間も少ないし、

自分の決めたルールに従って、

きちんと自分で選んだという意識が強く入ります。

 

そうすると、

あとで選択肢を後悔することもないです。

 

選ぶのに優柔不断で悩んだり、

選んだあと、後悔したりする人は

選択肢を絞るルールを決めることで

ずっと思い悩むことなく、ストレスを抱えない人生になります。

 

最初から、全部のルールを作るのは難しいかもしれませんが

自分が迷った際には、考えてみてください。

 

この場でどんな自分のルールを作ったら迷わなかっただろうか?

と。

 

それで一つずつルールを決めていけば、

いつかは、何事に対してもスパッと決めることができます。

 

今日はこの辺りで。

いつも読んで頂き、有難うございます。

 

大石

 

■■LINE@の登録募集中です。■■

良ければ、お友達申請お願い致します(^^♪

スマホからはこちらをクリック

 

■■コンサルティング■■

不定期で、人数限定で
私、大石が直接コンサルティングをいたします。

詳細は、こちらから。

 

■■イベント、講演会、極秘情報■■

※現在クライアント数が定員を超えているため、一般募集を中止しています。

枠が空き次第、優先してご案内しますので興味ある方は、

こちらから事前登録してください。

 

関連記事

  1. 今を全力で楽しめば、違う自分が中から現れる
  2. 花咲かじいさんから学ぶ、次世代の生き方
  3. 嫌なことが楽しくなってしまう方法
  4. あなたの波動が奪われている理由
  5. 直感の9割は正しい
  6. もっとも重要な大切な言葉とは
  7. 好きなことを見つける極意
  8. 全力を出し切ると幸せになる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

幸せで豊かになる考え方

お金

人間関係・パートナーシップ

PAGE TOP