あなたには見えていない応援団がいる

 

こんにちは、大石です。

 

最近、今まで以上にこの世界には

目に見える力と目に見えない力がある

ということを体感しています。

 

多くの人は、

この目に見える力を活用しようとしていますが

実は、見えない力の方がパワフルだったりします。

 

そして、幸せで豊かな人ほど、

人生のどこかでこの真理に気付いて

常に磨き続けていたりするんですよね。

 

この辺り、またどこかで分かち合いできる場を

作りたいなと思ってます。

 

興味ある方は、LINE@登録して

「興味あります」とメッセージして頂ければ、

どこかやる機会あれば、お誘いしますね。

 

さて、今日は何をテーマに話すかというと

引き寄せた出来事から来るメッセージやサインの

捉え方についてお話していきますね。

 

あなたには、

あなたが見えていない応援団

というのがいます。

 

例えば、

過去の記憶

今という現実

未来の自分から

出会う人

起きる出来事

など、すべてあなたの応援団です。

 

あなたの発する波動によって、

常に何かしらのメッセージが

あなたの元へと絶え間なく届いています。

 

 

あなたの身に起こる出来事は、

あなたの思考や感情に関係ないものは

何一つないわけです。

 

すべて、あなたが発信したものが

そっくりそのまま返ってきます。

 

世の中に偶然はないです。

 

ただ、そのようにお伝えすると

出来事のすべてが世界からのメッセージなのか?

という風に捉えてしまい、

目の前の出来事や出会う人に対して

何かしたほうがいいのだろうか?

と、意味や正解を探してしまうかもしれません

 

ここで気をつけて欲しいのが、

意味を探すのではなく、

自分で意味を与えて

正解を作っていくこと

が大切になってきます。

 

どんな意味を与えるのも

どんな正解を出すのも

100%あなたの自由なんです。

 

この意味を与えたり、

正解を自分で決めるときに

おすすめな方法が

なるべく気分が良くなるような意味を

与えたり、正解を出すことです。

 

例えば、

カフェにいて、ふと流れてる音楽が

SMAPの「ありがとう」という曲が耳に入ったとします。

 

このときに、

「最近、もしかしたら感謝することを忘れてたのかな」

と、出来事に対して捉えることも出来ますし、

逆に、いろいろな人からの私に対しての

感謝というのを代弁して、この曲で

「ありがとう」を伝えてくれてると思ったら

ありがたいな〜と捉えることもできます。

 

メッセージやサイン、

出来事、出会う人というのを

どう捉えるのかは、自由なわけです。

 

あなた以外が

あなたの人生に意味を与えたり、

正解を出したり、人生そのものを

作ることはあり得ないですよね。

 

沢山のいろいろな存在が

あなたのことを応援してくれていて

メッセージを届けてくれています。

 

それを

どのようにあなた自身が受けとるのか?

どのような意味をあなた自身が与えてあげるのか?

どれを正解とするのか?

というのは、選択権は

常にすべてあなたに100%あるわけです。

 

起こる出来事やきっかけに対して

何か正解や意味があるわけではなくて、

自分で与えてあげるもの

正解だと決めてあげることが

あなた自身の役割です。

 

決まった正解や正しい解釈の仕方はなく、

あなたが決めたものが正解であり、

あなたが決めたことがきっかけや出来事の

出会う人の意味になります。

 

そして、

あなたが決めたことによってのみ

あなたの人生が創られていくわけです

 

意味や正解を探すのではなく

自分で意味を与えて

自分で正解を作って

自分で人生を作っていくことです。

 

この自分が人生を作っていく感を

しっかりと日々実感しながら過ごしていくと

世の中の真理が、だんだんわかってきますよ。

 

今日はこの辺りで。

いつも読んで頂き、有難うございます。

 

 

■■LINE@の登録募集中です。■■

良ければ、お友達申請お願い致します(^^♪

スマホからはこちらをクリック

 

■■コンサルティング■■

不定期で、人数限定で
私、大石が直接コンサルティングをいたします。

詳細は、こちらから。

 

■■イベント、講演会、極秘情報■■

※現在クライアント数が定員を超えているため、一般募集を中止しています。

枠が空き次第、優先してご案内しますので興味ある方は、

こちらから事前登録してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です