無意識に踏んでいる成功ブレーキの外し方

 

こんにちは、大石です。

 

今日から、本格的に

ハロウィンが始まるみたいですね。

 

今や、クリスマスやバレンタインを

追い抜こうとする勢いです。

 

渋谷には、

1日で100万人規模のコスプレイヤーが

集まるとか。。

 

さてさて、

ハロウィンの話をしたいわけではないので

早速、本日のテーマをお話ししますね。

 

今日は、

「97%の人が

無意識に踏んでいる成功ブレーキの外し方」

について。

 

人は本心では、

失敗することを

恐れていないんです。

 

本心では、

失敗することよりも

大成功すること

を恐れています。

 

どういうことかというと、

自分の最大限の可能性は

本当は自分で知っているんですね。

 

ところが、そうなっちゃうと

今までそれを無視してきたり、

認めてこなかった自分の人生を

嘘つくようなことになるので、

あんまり深いところでは

出てきて欲しくないと思っています。

 

表面的には、多くの人が

自分の大成功は信じれないのですが

もう一つ奥にいくとそいつが

ちゃんといて知ってるんです。

 

でも、そいつが出てこられると

自分にとって都合が悪いんですね。

 

・親との関係が変わったらどうしよう

・友達との関係が変わったらどうしよう

・他人から見られ方が変わったらどうしよう

とか、結局、他人にどう思われたらどうしようって

ことがレールになってしまい、

この大成功しちゃったらどうしようという

自分を隠しちゃうんです。

 

こいつがブレーキになるんです。

 

だから、成功したいと思って

一所懸命学んで、ビジネスを展開したり

仕事の成果をあげるために、アクセルを踏むのですが

心の奥底は、ある程度のところの成功まではいいですが、

大成功になると、本音は拒否してる自分がいるんですよね。

 

そうすると、無意識にブレーキもかかって、

あるとき、すごく苦しくなるんです。

 

これは私も経験あります。

 

自分自身の評価が小さいまま、

急に周りの評価が高くなると

強烈にブレーキがかかったりするんですよね。

 

では、このあと私がどうしていったかというと

自己評価を自分で高めていくこと

をしたんです。

 

高めていくというより、

根本的には100%高いですが、

子供から大人になって、社会に揉まれていく中で

だんだん自己評価が低くなっていくんです。

 

自分の中の小さい自分を

愛していく作業を

少しずつしていくと

ブレーキが消えていくんです。

 

やらなきゃいけないことリストを

一日の中から減らしていき、

潜在意識の中のバツを消していくんです。

 

ブレーキの種を癒してあげて、

認めてあげて、愛してあげるんです。

 

すぐには変わらないので

少しずつしてあげるんです。

 

多くの人が、自己否定というバツが

深いところでこびりついてるんですが

バツが消えて、丸ばっかりになっていくんです。

 

そうすると、

車が乗り替わった感覚になります。

 

大してアクセル踏んでないのに

スムーズに物事が進んでいくんですよね。

 

前は、ブラックエンジンでアクセル踏み込むと、

マフラーから黒い毒ガスが出ていたのが

段々、ホワイトエンジンに切り替わっていく

きっかけが必ず人生の中で起きたりします。

 

家族が病気になる

本人が事故に遭う

社員がうつ病になる

など、いろいろなことが人生で起きる中で

自分の人生、生き方、あり方を変えないと

いけない出来事が起きるので、

バツを減らしていく必要が出てくるんです。

 

そうすると、ハイブリッド車になってるので、

そのときは、アクセル踏んでる実感もなく、

スイスイと前に進んでいきます。

 

焦らずじっくり自分のバツを減らして、

消していくことができれば、

ありとあらゆる物事がスムーズにいきますよ。

 

今日はこのあたりで。

ではまたー(^^♪

 

 

追伸

石川県の近江町市場の海鮮丼は

本当に美味しいので食べたことが

ない方は是非。

 

ちなみに

石川県の寿司屋で一番のおすすめは

「太平寿司」

です。

 

寿司好きな方は是非。

 

■■LINE@の登録募集中です。■■

良ければ、お友達申請お願い致します(^^♪

スマホからはこちらをクリック

 

■■コンサルティング■■

不定期で、人数限定で
私、大石が直接コンサルティングをいたします。

詳細は、こちらから。

 

■■イベント、講演会、極秘情報■■

※現在クライアント数が定員を超えているため、一般募集を中止しています。

枠が空き次第、優先してご案内しますので興味ある方は、

こちらから事前登録してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です