幸せで豊かになる考え方

マイペースとは人生において自分自身への言い訳

 

こんにちは、大石です、

 

本日、あるIT関係の部長の方の

相談に乗っていました。

 

その方は、色々な本を読んだり、

セミナーに行ったり、

たくさん勉強されている方でした。

 

ところが、勉強しても

なかなか、日常が変わらない、

自分の人生が好転していかない、

というので悩んでいました。

 

よくよくその方の話を聞いてみると、

彼の中にある思いがありました。

 

それは何かというと、

一つ一つ納得しながら

確実に着実にやっていきたい

ということでした。

 

こういった方は、

結構多いのではないかと思い、

今日書いています。

 

で、それがあるがゆえに

学んでこれが必要だなと思っていても、

 

まだタイミングではないとか、

状況が揃っていないとか、

この部分が納得できないとか、

 

というように、自分自身で制限をかけて

それで歩むことをやめていたのです。

 

それで、私も色々お話させていただき、

彼が最後のほうに言ったのは、

「わかりました、ありがとうございます。

では僕は、マイペースでやっていきたいと思います」

という話でした。

 

このマイペースという言葉というのは、

自分の中での制限をかけたり、ブレーキをかけたり、

いわば、

私は変わりたくありません、私は変えたくありません、

という宣言でもあり、言い訳のようなものなんですね。

 

人は、みんなゆっくり歩いていきたいんです。

 

一歩一歩、着実に納得しながら、

徐々に自分のペースが乱されることなく、

歩んでいきたいというような思いを持っています。

 

でも、それだとせっかくの可能性を失い、

なかなか変化やチャンスをものにできないことが多いです。

 

そもそも、本当に幸せで豊かで

魅力的な人たちを見ていくと、共通点があります。

 

それは何かというと、

自分のペースで生きていない

ということです。

 

与えられた役職、役割、責任、立場だったりを

全うして自分のこと以外のことを対応していたり、

向き合ったりしています。

 

特に、リーダーと言われるような方、

会社でも上司と言われてる方たちは、

仕事だけやっていたらいいのか?というと

そうではないです。

 

仕事というのは、

よく公私混同するな

と、言われますが無理ですね。

 

リーダーになればなるほど、

関わる人が増えれば増えるほど、

雑務というのが増えていきます。

 

また仕事外の話や仕事外のことが

仕事に影響を与えたりします。

 

例えば、

夫婦関係であったり、

恋人との関係であったり、

友人関係であったり、

親や兄弟関係であったり、

と、仕事外のことが仕事に影響を与えるようなことは、

しょっちゅうあるわけです。

 

すると、リーダーというと、

仕事外のことを話をしたり、

向き合ったり、たくさんあります。

 

そうなればなるほど、

仕事を与えられていたり、

気づいてみたらその範囲を越えて、

やらなけばいけないことが山積みになっている

というのがリーダーや経営者だったりします。

 

その中で必死に自分のペースではなく、

そのペースをしっかりこなして、

乗っていき、やっていくうちに、

だんだん、次が用意されていて、

道が開けたりしていくものです。

 

いわば、成長とは、

ストレッチのようなものなんです。

 

身体を柔らくしたいなと思って、

ストレッチをやっている時に

自分の心地いい範囲、痛くない範囲でやっていても、

体は柔らかくなりませんし、筋肉は伸びませんよね。

 

ちょっと、あいたたたと

少し痛いくらいで伸びてるなというときは、

心地いい痛みがあるものです。

 

あまりやりすぎると身体を壊すように、

ペースが激しくなり過ぎると、心も壊してしまいます。

 

自分のペースではない周りのペースもしくは、

物事を成し遂げる期限を決めて、

その中で期限を守るというときに

あいたたた、というような痛みはあると思います。

 

しかし、そんな時ほど、

伸びている時です。

 

これは誰しも、経験があると思います。

 

自らの人生を振り返ってみて、

目まぐるしく動いていたとき、

やるべきことがたくさんあって、

とにかく、必死でやっていた時はあると思います。

 

私も大学卒業して、

いくらか貯金持って上京して、

2、3年は生きていくのに必死でしたから。

 

でも、今、振り返ってみたら、

そんな時ほど成長していたり、

そんな時ほど、気づきが多かったり、

できないことができるようになっていたりします。

 

今から、ここ3ヶ月間を振り返ってみて、

自分自身が何も変わってないなとか、

3ヶ月前と同じような感じだと思うのであれば、

何か新しいことを始めるか、

何か今までやっていたことをやめるか

どちらかやることです。

 

そうやって、自分の安定した世界というのを

 

安定したら壊していく

安定したら壊していく

安定したら壊していく

 

と、いうようなことを繰り返して

人は成長していくと思います。

 

確かに、

マイペースというのは、ラクです。

 

なぜかというと、

自分の世界だけの話だからです。

 

ただし、自分の世界だけに逃げ込んでしまうと

ラクかもしれないですが、それと同時に、

どんどん小さい自分になってしまいます。

 

与えられたこと、誰かのため、

あの人のため、といったように

ちょっとあいたたた、というようなペースで

進むことです。

 

その中で当然、

ぶつかることもあるでしょうし、

転ぶこともあるでしょうし、

落ち込んでしまうこともあるでしょうし、

何か失うこともあるでしょう。

 

でも、そうやって進んでいくことで、

心は大きくなっていき、

心は丸くなっていき、

心は光り輝いて美しくなっていくと思います。

 

マイペースとは、

人生において自分自身への言い訳かもしれません。

 

自分のペースを越えて

誰かのため、人のため、

そして、何か与えられたことを

全うするために歩み、一緒に成長していければと思います。

 

今日はこの辺りで。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

ではまたー(^^♪

 

■■LINE@の登録募集中です。■■

良ければ、お友達申請お願い致します(^^♪

スマホからはこちらをクリック

 

■■コンサルティング■■

不定期で、人数限定で
私、大石が直接コンサルティングをいたします。

詳細は、こちらから。

 

注:現在、キャンセル待ちが続いてる状況です。

相談は申込順ではなく、緊急性や社会的意義のある内容から

優先させていただきますのでご了承下さい。

 

関連記事

  1. 言葉の法則
  2. たまには力を抜いてみたらいいのでは?
  3. 今日から幸せになる方法
  4. 人生の試練を軽くかわせる方法
  5. 激変のときこそ、本質を学ぶこと
  6. 誰でも幸せに成功してしまう方法
  7. 才能を発揮できる人とできない人の差とは…
  8. 人の機嫌を取ってませんか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

幸せで豊かになる考え方

お金

人間関係・パートナーシップ

PAGE TOP