幸せで豊かになる考え方

本音で生きることで道は開ける

 

こんにちは、大石です。

 

色々と海外に行っていると、

危険な場面に遭遇しないですか?

と、聞かれますが今までこれといってないんですよね。

 

あえて言うなら、先日、パリに行ったときの事件です。

 

深夜、嫁と歩いてると後ろで騒がしいなと思い、

振り向くと2対2の大柄の男性がケンカしてる雰囲気でした。

 

少し様子を見てると、

ひったくりされてました。。。

 

大柄な男性のリュックを力づくで取って、

走って、逃げてましたのでこれは恐怖でした。

 

確かに少し危険な雰囲気を感じてたので、

タクシーに乗ったほうがいいなと思っていましたが、

夜風が気持ちいいので散歩してたんですよね。

 

そのひったくり場面を見て、

すぐにタクシーに乗ったのは言うまでもないですが(笑)

 

あと、1分歩くの遅れてたら

狙われていたかもしれません。

(本当にツイテました。)

 

このパリのひったくり事件以外だと、

特に思いつかないです。

 

これはなんでかなと思ったら、

無意識で危なそうな空気や雰囲気を

感じたらその場所に行かないからです。

 

私は、この空気を感じ取る力は、

人並み以上についてるみたいです。

 

この空気を感じ取ったりするのが、

間脳です。

 

例えば、絵を見て、美しいと感じるのは、

理論や理屈じゃなく、間脳です。

 

それは何かというと、

その絵が持つ”気”に感動して、美しいと感じているんです。

 

例えば、神社に行って参拝したとして、

空気の違いがわからないとすれば、

間脳が鈍っているんです。

 

でも、何回も意識的にやっていると、

だんだん、目覚めていきます。

 

そうすると、神社に関わらず、

人や場所などの空気が変わったことに気づけるようになります。

 

それはなぜかというと、

間脳が目覚めていったからです。

 

だから、間脳は、一番脳の深いところなので

ここが目覚めていけば、人生が変わるに決まってるんですよね。

 

間脳というのは、

一番奥深くの直感力とも言えます。

 

では、どうすれば間脳が目覚めるか?

ということのポイントをお伝えしますね。

 

まず、大前提として、

赤ちゃんや子供は、

間脳が目覚めている状態です。

 

特に、赤ちゃんは、

間脳が全開で目覚めている状態です。

 

生まれてから、親の教育や環境によって、

間脳が閉じていくんです。

 

じゃ、なぜ、間脳が閉じていくかというと、

悪い意味で大人になるからです。

 

では、赤ちゃんと大人の違いはなんだと思いますか?

少し考えてみてください。

はい、考えてみましたか?

いっぱいありますよね。

 

赤ちゃんと大人の違いですが、

さっきお伝えしたように、

赤ちゃんは、みんな間脳が目覚めていて、

逆に、大人は間脳が閉じていき、思考が発達していくんです。

 

これはこれで、必要なんですけどね。

 

子供から大人になるにあたって、

大脳を発達させることは大切ですから。

 

計算できるようになったり、

言語能力を身に付けたり、

シミュレーション能力を身に付けたり、

することは、大切です。

 

そんなことは、赤ちゃんはできないですからね。

 

その代わり、

一番大事な間脳を忘れてしまいます。

 

では、なぜ忘れてしまうのかですが

子供がやっていて、大人がやらないことは何だと思いますか?

 

もう言ってしまいますが、

子供は、怖いものがないんです。

 

いや、正確にいうと、怖いものはありますが、

怖いものは「怖い」とハッキリ言うんです。

 

助けてほしいときは、

ハッキリ「助けてほしい」と言えます。

 

大人は、これができなくなっていきます。

 

簡単にいうと、

本音が言えなくなるのです。

 

子供はいつも本音です。

 

お腹空いたときは、「空いた」と、

遊んでほしいときは、「遊んでほしい」と、

疲れたときは、「疲れた」とか、全部、これ本音なんです。

 

大人になってくると、本音を言うことが、

だんだん、怖くなってくるんです。

 

過去、私は数千人以上の方の相談に乗ってきましたが

上手くいかない、開運しない、不幸になる原因は、

 

・やりたいことをやらない

・言いたいことを言わない

 

です。

 

本音を言わなくなり、我慢するクセがついた結果、

どんどん不幸になってしまうんです。

 

要は、子供になれないんです。

結果、間脳が閉じてしまいます。

 

そして、何が上手くなるかというと、

言い訳が上手くなるんですよね。

 

言い訳とは、

大脳なので、思考です。

 

あの人のせいで〜とか、

これは全部、大脳が作り出した言い訳です。

 

そうすると、本音を言うことを避けて、

言いたいことが言えなくなります。

 

私からすると、言いたいことあるなら言ったらいいし、

言ったら受け止めてくれる人はいるのにって感じですけどね。

 

こんなことを言うと、

「ゆうやさんの言ってることはわかりますが、

いや、でも本音を言えない」という人はいます。

 

このような方は、

・本音を言っても、どうせわかってくれない

・本音を言っても、どうせ受け止めてくれない

・本音を言っても、変わらないでしょ

と、考えています。

 

このどうせっていうのは、

言い換えると、その人のことを見下してるんですよね。

 

もしくは、自分に対する諦めです。

 

自分のことを下に見ているか、人のことを下に見ているか、

のどちらか、です。

 

今、あなたにとって恐れていることって何ですか?

恐れているものの中に答えがあります。

 

次のステージにいくときに

必ず、一見怖いと思わせるものがあります。

 

ぜひ、本音で生きて、間脳を目覚めさせて、

自分の道を歩いていきましょう。

 

今日はこの辺りで。

ではまたー(^^♪

 

■■LINE@の登録募集中です。■■

良ければ、お友達申請お願い致します(^^♪

スマホからはこちらをクリック

 

■■コンサルティング■■

不定期で、人数限定で
私、大石が直接コンサルティングをいたします。

詳細は、こちらから。

注:現在、キャンセル待ちが続いてる状況です。

相談は申込順ではなく、緊急性や社会的意義のある内容から

優先させていただきますのでご了承下さい。

 

 

関連記事

  1. 才能には●●がある
  2. 運命は変えられるのですか?
  3. 種のまき方で収穫は決まる
  4. 思考よりも大切な●●とは
  5. 自分をリセットする極意
  6. マンネリ化した日常から脱却する方法
  7. フロー状態からゾーン状態へ
  8. 人生の道を歩くときの大事な考え方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

幸せで豊かになる考え方

お金

人間関係・パートナーシップ

PAGE TOP