デイリーインスピレーション

天命は道を歩むだけではない

 

こんにちは、大石です。

 

「天命は、一人何個あるものでしょうか?

天命は、その道を歩まないと果たせないでしょうか?」

 

今日は、この質問をテーマに話していきますね。

 

天命の中には、別にその道を歩もう、

という天命じゃない人もいっぱいいます。

 

たとえば、あなたの天命は、

自分の仕事を通じた道を歩むことだとします。

 

では、もしあなたと私がリアルでお会いしていた場合、

私とあなたとご縁を伝えてくださった方は、誰かいますよね。

 

その方は、そのためだけに生まれてくるとか、

あり得るんですよね。

 

伝わりますかね。

 

何が言いたいかというと、

誰かと誰かをつなぐためだけに現れたり、

生まれたり、とかあり得るということです。

 

世間的には、もううだつの上がらない、全然イマイチで、

幸せでも不幸でもなく、平凡な人生の人がいたとします。

 

では、その人の天命は何かというと、

誰かに大事なことを気づかせたり、

誰かと誰かをつないだりとか、あり得るんですよね。

 

一概に、全員が求道者になって、道を歩まないと、

天命を果たせないというわけではないです。

※求道者:真理や悟りを求めて修行する人のこと

 

いろんな人たちがいて、

いろんな天命があります。

 

たとえば、あなたは、

エステの道が天命だとします。

 

でも、いまいちなんか気分が乗らずに、

何か私にはちょっとその道は重すぎるなぁと、

思っていたとします。

 

で、今日あなたはそう思いながら、

帰り道に酔っ払いと遭遇します。

 

その酔っ払いは、車に向かって、

「バカやろー早く行けー!」と、

叫んでいたとします。

 

それをあなたが聞いて、

「いや、重いとか言ってる場合ではなく、

確かに、早く一歩踏み出してみようかな」と、

思ったとします。

 

それでその道を歩み始めたとしたら、

それを言うためだけに生まれてくる人がいます。

 

「バカやろー早く行けー!」と言って、

あなたが道を歩き出して、成就するためだけ、

後押しのためだけに生まれてくるとかあります。

 

極端ですが、そういう人はいます。

 

神様は、あなたの道を成就させたくて、

しょうがないので、いろんな人を仕うんですよね。

 

神様が、「さっさと行動しなさい」と思ってるので、

天命で、「バカやろー早く行けー!」というのを

叫ぶためだけの人を用意するとかあり得ます。

 

それだけ複雑なんですよね。

 

人それぞれ天命、お役目というのは、

そんなのとかもあるんです。

 

なので、一概に言えないのです。

 

たとえば、うだつの上がらない父親でギャンブルばっかり行って、

どうしようもないな、とか思っていても、

ギャンブルばかりしたおかげで、子どもが育つとかあります。

 

だから、良い悪いとか、

誰がいいとか分からないです。

 

それによって、誰かの道を成就するために、

支援、アドバイスやきっかけ、ひらめきを与える人はいます。

 

天命は、そんな風に必ずしも、

道を歩む人たちだけではないです。

 

本当にたったひとりの人を目覚めさせたり、

道を歩ませるためだけに生まれてくる人はいます。

 

では、天命は何個あると思いますか?

 

天命は、1人108個あります。

 

分かりやすくいうと、大きな大天命が8個で、

中くらいと小さいのが100個くらいあります。

 

この中でほとんどの人が、

天命を何個くらいを果たして、死ぬと思いますか?

 

あなたは、天命が108個あるうち、

どれくらい果たして死にそうですか?

 

もちろん、本人が気づかずに

やってることもたくさんあります。

 

さっきみたいに、

「バカやろー早く行けー!」だけを

言うだけの天命もありますからね。

 

大体、通常だと生きてる間に、

1割から2割くらいを果たします。

 

超この人、いい人生だなという人で、

3割ぐらい果たします。

 

野球の打率みたいなものです。

3割バッターですね。

 

4割果たしたら、超スゴイ人です。

 

この108個のうち、デカイ天命の1個が、

さっき言った「バカやろー早く行けー!」とか、

誰かの道を成就するためだけ、という人もいます。

 

それ1個を果たせば、

御の字みたいな天命もあるんですよね。

 

基本的には、天命は、

108個あると思ってください。

 

ただ、天命108個というのは、

基本的には、人との関わりです。

 

人を勇気づけたり、誰かと出会ったり、

誰かに何かを伝えて、話して、その人が目覚めたり、

気付いたり、幸せになったり、とかです。

 

他にも、お母さんが子どもを産むとか、

その子と出会うためだけが、天命とかもあり得ます。

 

他にも、人との関わり以外でも、

神様に仕われる人もいます。

 

新しい何かを作ったり、残したり、

音楽や絵とか、そういうのを残すという人もいます。

 

実際、神様に仕われる天命の人たちも、

いっぱいいます。

 

それは、何かを残す、何かを作るとかです。

 

たとえば、神社を作る人たちです。

 

東大寺の大仏を作ったのは、行基というお坊さんですが、

東大寺の目を入れる開眼供養をやるのが天命です。

 

そういうのもあるので、

一概に人との関わりとは言えないですが、

天から神様からのお役目として、

天命を授かる人もいっぱいいます。

 

あんまり細かくいうと、

ちょっと混乱してくると思うので、

そんなものだと思ってください。

 

では、今日はこの辺りで。

 

■■LINE@の登録募集中です。■■

良ければ、お友達申請お願い致します。

LINE限定ブログを拝見したい方は、ぜひ。

スマホからはこちらをクリック

 

関連記事

  1. 運のない人ほど「保証」を求める
  2. 日本に帰国〜
  3. 【お知らせ】真の意味での自由になる秘訣
  4. 自分の人生を取り戻す方法
  5. 人間界の花のように生きているか
  6. ブルーモスクとピンクモスク
  7. レディガガ様のコンサートへ!
  8. 誰でも幸せに成功してしまう方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

幸せで豊かになる考え方

お金

人間関係・パートナーシップ

PAGE TOP